スチュワート・シャックルトン

スチュワート・シャックルトン弁護士は、SR Shackleton LLPの創設者であり、国際法や比較法、仲裁における専門知識と20年にわたる経歴を持ち合わせています。同弁護士は、大陸法/コモンロー両司法管轄区で弁護を務める資格を有しており、カナダ(Barrister:法廷弁護士)、パリ (Avocat au Barreau de Paris)、英国およびウェールズ (Solicitor-Advocate:事務弁護士) 、そして香港 (Solicitor:事務弁護士) で弁護士としての認可を得ています。

シャックルトン弁護士は、弁護士および仲裁人として、幅広い分野の取引から生じた450件以上の国際仲裁に取り組み、世界各地の主要な仲裁開催地で業務にあたってきました。その領域は、海外投資、公共利権およびインフラストラクチャ、エネルギー、石油・ガス、通信、商品、鉱山および探査、物品の国外販売・流通、代理店および使用許諾権付与、製薬の研究開発、バイオ・化学製品、ソフトウエアおよびソフトウエア技術の移転、商標およびフランチャイズ権付与、高級ホテル経営、銀行業および金融サービス、国際貿易・運輸、海事法、メディア・エンタテインメント、コンペ、スポーツ法、建設、エンジニアリングおよび設計、合弁事業、株式保有、合併・買収、および保険・再保険等、多岐にわたっております。

カナダおよびフランスにおける弁護士として、シャックルトン弁護士は自ら弁護を行い、多数の国際仲裁廷、並びに英国およびフランスの裁判所で弁護士として出廷してきました。国際公法分野で特に専門性が高く、ICSID条約のほかICC規則およびUNCITRAL仲裁規則に基づく仲裁を含め、国家や国家機関が関与する紛争において代理人弁護士および仲裁人を務めています。

また、シャックルトン弁護士は、国際紛争訴訟についての助言も行い、司法管轄区、判決執行、法の抵触および国際司法協力といった分野においても特別な経験を有しています。

国際仲裁に関する多数の著作物の著者として、Sweet & Maxwell のInternational Arbitration Law Review の編集委員会の一員、およびオックスフォード大学出版局から年一回発行される Arbitration Law Reports and Review (オンラインで閲覧可:www.alrr.oxfordjournals.org)の編集者を務めています。

学歴

  •  ロンドン大学キングスカレッジ、建設法専攻でMSc取得
  •  パリ第1大学(パンテオン・ソルボンヌ)、国際公法専攻でDEA取得
  •  パリ第2大学(パンテオン・アサス)、国際私法専攻でDSU取得
  •  パリ第1大学(パンテオン・ソルボンヌ)、アフリカ法専攻でDEA取得
  •  パリ第2大学(パンテオン・アサス)、比較法専攻でDiplôme取得
  •  パリ第2大学(パンテオン・アサス)、Maîtrise en Droit Civil – mention droit des affaires取得
  •  ウェスタンオンタリオ大学、LLB取得
  •  フランス文学 (BA、優等) (ウェスタンオンタリオ大学) および言語学(ブランソン・フランシュ=コンテ大学、「Licence en Sciences du langage」)専攻で学士号取得

専門分野

国際法および国際仲裁における豊富な経験を有しています。香港、上海、北京、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミ、ジュネーブ、チューリッヒ、ブダペスト、ストックホルム、ロンドン、パリ、ミラノ、ローマ、カイロ、ジッダ、ドバイ、バーレーンおよびドーハを含む主要な仲裁開催地での国際商事および建設仲裁において代理人弁護士または仲裁人を務めており、国際公法の要素が関与する紛争に特化しています。ICSID条約に基づく投資保護仲裁を含む、国家、国家機関および国際公法組織が関与する国際公法紛争において、代理人弁護士および仲裁人を務めております。

シャックルトン弁護士は、LCIAが管理するIDENTRUS国際銀行業務コンソーシアムおよびアテネ環状道路の建設等の、複雑な紛争解決条項を設計し、その草稿を作成してきました。同弁護士は、CEDRが管理する国際調停手続に参加する経験を有し、CEDRより調停人として認定されています。

シャックルトン弁護士の業務には、仲裁判断に対する異議申立てや、主任弁護人としての出廷、現地の裁判所での弁護が含まれます。

また、シャックルトン弁護士は、特に一当事者が国家あるいは国家機関である場合に、建設、通信、ホテルプロジェクト、融資、商品および物販に関するICC、LCIAおよびアドホック仲裁手続において、当事者選定の仲裁人、単独仲裁人および仲裁廷の議長を務めてきました。

仲裁人パネル

ジュネーブ商工会議所CIETAC国際パネル、 スイス仲裁人協会、国際商業会議所 (カナダの国家委員会)、ロンドン国際仲裁裁判所、インド商業仲裁委員会、湾岸協力機構商事仲裁センター (バーレーン)、ブリティッシュ・コロンビア州国際商事仲裁センター (国際パネル)、アメリカ仲裁協会 (国際パネル)、勅許仲裁人協会フェロー

訴訟例

シャックルトン弁護士は、以下の訴訟を含む、仲裁合意または仲裁判断に関する多数の訴訟事件において英国の裁判所に主任弁護人および弁護士として出廷しています。

  • Metal Distributors (UK) Ltd v ZCCM [2005] ArbLR 42; [2005] 2 Lloyd’s Rep 37 (QB)
  • Lithuania v Svenska Petroleum Exploration AB [2006] ArbLR 57; [2006] 1 Lloyd’s Rep 181 (QB)
  • Lithuania v Svenska Petroleum Exploration AB [2011] ArbLR 59; [2007] 2 WLR 876 (Court of Appeal)
  • Double K Oil Products 1996 Ltd v Neste Oil OYJ [2010] 1 Lloyds Law Rep 141 (QB)
  • Midgulf International Ltd v Groupe Chimique Tunisien [2010] Lloyds Law Rep 543 (Court of Appeal)
  • Claxton Engineering Services Ltd v TXM Olaj-És Gázkutató KFT, Comm Ct, Gloster J [2011] 1 Lloyds Law Rep 252 (QB)
  • Claxton Engineering Services Ltd v TXM Olaj-És Gázkutató KFT, Comm Ct, Hamblen J [2011] ArbLR 1; 1 Lloyds Law Rep 510 (QB)
  • Claxton Engineering Services Ltd v TXM Olaj-És Gázkutató KFT, Comm Ct, HH Judge Mackie QC [2011] ArbLR 17
  • Claxton Engineering Services Ltd v TXM Olaj-És Gázkutató KFT, Court of Appeal, Lord Justice Rix [2011] ArbLR 16

主要な出版物

  • (1994) “La pensée juridique de Michel Villey dans le monde anglophone,” in Niort, J-F and Vannier, G (eds) Michel Villey et le droit naturel en question, Paris, L’Harmattan, p 105
  • (1996) “Under the Dragon: The Future for International Arbitration in Hong Kong,” The In-House Lawyer, no 45 (November) p 46
  • (1996) “The 1996 English Arbitration Act: what improvements for international dispute resolution?” The Parliamentary Policy Forum, p 58
  • (1997) with Peter Hall, “Margaret Rutherford and John Sims – Arbitration Act 1996: A Practical Guide,” Oil & Gas Law And Taxation Review, vol 15, no 4, p 144
  • (1997) “India Builds for a Bright Future: The Modernisation of International Arbitration in India,” The In-House Lawyer, no 48 (March) p 39
  • (1997) “Paris Conference on the New English Arbitration Act,” Practical Arbitration Journal (May/June) vol 1, no 1 p 15
  • (1997) “Solving Disputes the Arbitration Way,” The Lawyer, 3 June 1997
  • (1997) “When is an Arbitration Clause Unenforceable in an International Transaction?” The In-House Lawyer, no 50 (May) p 84
  • (1997) “An Overview of the Key Changes to the ICC Rules for International Arbitration,” Practical Arbitration Journal, vol 1, no 3, p 32
  • (1997) “The Applicable Law in International Arbitration under the New English Arbitration Act 1996,” Arbitration International, vol 13, no 4, p 375
  • (1997) “Challenging an Award under the Arbitration Act 1996: What has changed?” The In-House Lawyer, no 41 (June) p 76
  • (1997) “Preliminary Meetings with the Arbitral Tribunal: What are they for?” Practical Arbitration Journal, no 1, vol 4, p. 43
  • (1997) “Arbitration in Hong Kong after the Hand Over,” Practical Arbitration Journal, no 1, vol 4, p 37
  • (1997) “Questions and Answers Concerning the New 1998 ICC Rules for International Arbitration,” Practical Arbitration Journal, no 1, vol 5, p 58
  • (1997) “Key Changes to the ICC Rules for International Arbitration,” Practical Arbitration Journal Rules,” Mealey’s International Arbitration Report, vol 13, no 7, p 37
  • (1998) “The New English Arbitration Act 1996,” Tijdschrift voor Arbitrage, vol 3, p 81
  • (1998) with Joachim Kuckenburg, “The German Institution of Arbitration Issues New Arbitration Rules,” Mealey’s International Arbitration Report, vol 13, no 7, p 37
  • (1999) “Collection of Procedural Decisions in ICC Arbitration – Recueil des décisions de procédure dans l’arbitrage CCI (1993-1996) by Dominique Hascher,” International Arbitration Law Review, vol 2, no 1
  • (1999) “Global Warming: Milder Still in England – Part I,” International Arbitration Law Review, vol 2, no 2, p 53
  • (1999) “Global Warming: Milder Still in England – Part II,” International Arbitration Law Review, vol 2, no 4, p 117
  • (2000) “Global Warming: Milder Still in England – Part III,” International Arbitration Law Review, vol 3, no 3, p 59
  • (2000) “The Internationalisation of English Arbitration Law,” ICC International Court of Arbitration Bulletin, vol 11, no 1, p 16
  • (2000) “A Single New Arbitration Regime for 15 African States – Beyond the Model Law?” LCIA Newsletter vol 5, no 4, p 2
  • (2001) “English Judicial Decisions on Arbitration – 2000,” International Arbitration Law Review, vol 4, no 6, p 178
  • (2002) “English Judicial Decisions on Arbitration – 2001,” International Arbitration Law Review, vol 5, no 6, p 206
  • (2002) “Challenging Arbitration Awards,” New Law Journal (November (1746) and December (1834))(2002) “Arbitration without a Contract,” Mealey’s International Arbitration Report, September, vol 17, no 9
  • (2002) “Investment Protection Arbitration,” Insurance Day (November)
  • (2003) “Footing the Bill – Compensation Claims Against Argentina under ICSID,” Legal Week Global (January) p 16
  • (2003) “English Judicial Decisions on Arbitration – 2002,” International Arbitration Law Review, vol 6, no 6, p 220
  • (2001 to present) Editor, Arbitration Law Review and Reports, Oxford University Press
  • (2005) Series of articles for Legal Week Global on “Key Concepts in Investment Protection Arbitration”
  • (2010) “The High Cost of London as an Arbitration Venue – the Court of Appeal Rejects Compétence-Compétence and Separability in Midgulf v Groupe Chimique TunisienInternational Arbitration Law Review, vol 2, p 50